夏の[sally]シリーズ

オーガニックコットン

生物学者のsally foxさんが育てたオーガニックコットンを使用した[sally]シリーズに、初夏に涼しげなプルオーバー、ライトパンツが仲間入りしました。
程よく張りがあり、ざっくりとしたコットンが気持ちが良い[sally]。

 

私たちが普段当たり前のように身につける、コットンとい植物。一年草で初夏~秋のひと夏で育ち、秋に収穫を迎え、実が弾けると、その綿(ワタ)を私たちに与えてくれます。夏の日差しをたっぷり受け育ったコットンの色だから、初夏の日差しによく似合います。

 

今回は[sally]の平織りの生地を奄美大島の金井工芸さんで染めていただいた色「泥グレー」「テーチ」も展開。

泥染は車輪梅(テーチ)の草木染めと泥の成分が化学反応をおこし、独特の深い色彩が現れる奄美の伝統的染織技法です。使い込むと更に深みを増した色になります。

 

sallyシリーズ全商品はこちら

 

特集

[sally] 大地が生み出した色。 アメリカのsally fox 氏が育てたオーガニックコットン