定番のw-faceストール特集

繊細な色糸が重なりから生まれる深い色

かつてシャツ生地の一大産地として栄えた西脇の技術や知恵を集め織り上げるとろける様な肌触りのストール。繊細な天然素材ならではの素朴で美しい織物は私達のコンセプト「初めて触れる感動」を体現しています。

西脇産地の技術に支えられて

細さ約0.1mmほどの繊細な綿の糸を織り上げるのは、産地で培われた技術合ってこそ。染や整経、織それぞれにかつてシャツ生地の一大産地として栄えた西脇の技術や知恵が詰まっています。折り上がる布は、繊細な天然素材ならではの素朴で美しい織物。私達のコンセプト「初めて触れる感動」を体現しています。

肌に優しいコットンだからこそ

「肌が弱いけど安心して着用できる」といつもhatsutokiを選んでくださる方が、店頭で伝えてくださいました。コットンは、ウールやカシミアなど動物性の繊維に比べて一本一本がとても細い繊維です。首周りは一番敏感な部分でもあるので、優しい綿の繊維が安心です。中でもhatsutokiのコットン素材は厳選した糸で繊細に柔らかく織り上げているためとても心地い。また上品な光沢感もあり「これがコットン?」とシルクのような美しさに驚かれます。

一年を通して使えるのはコットンならでは。

様々な繊維の中でもコットンは、最も私たちの身近な天然素材です。一年中毎日コットンに触れていると言っても良いかもしれません。hatsutokiの「w-face ストール」は年間を通して使える素材感も魅力の一つです。春と秋は季節の変わり目の体温調節に。夏はオフィスや移動時の冷房対策に。冬はウールが苦手な方は選ばれる方も多く、きゅっと首元に巻くと十分に温かいです。

春 / 夏

春先のまだ風が肌寒いころ、一番ストールが活躍してくれる季節。つけ外しで体温が調整できるストールはとても重宝します。
夏は冷房のオフィスや、図書館、電車や飛行機の移動の際の体温調整に。夏の強い日差し避けに羽織るのも心地よくおすすめです。

秋 / 冬

昼と夜で寒暖差のある秋は、一枚ストールを持っておくと安心。夜に冷え込んでも体温調整が可能です。
冬はウールやカシミアなど肌が敏感で苦手な方も、コットンなら安心です。大判のストールをキュッと巻けばコットンも想像以上にしっかり保温してくれます。

w-face ストール

定番の[w-faceストール]は11色展開。どんな服にも合わせやすく、無地ですが先染ならではの奥行きのある色目が特徴。

w-face パネルストール

大きなピッチで柄を入れた[w-face パネルストール] 巻き方により色の表情が代わり楽しめます。

syasou ストール

定番のw-faceストールに、手仕事の刷毛染を施した[syasou ストール]。旅で見た景色、車窓から過ぎゆく森や、夕焼け、夜空のインスピレーションを、刷毛染めによる手仕事で、一つ一つ染め上げました。その時その瞬間の景色を、全てが一点物の図案で表現しsyasouと名付けました。