hatsutokiの世界

自然豊かな織物の街、兵庫県西脇市でhatsutokiは生まれました。奥行きのある色味が特徴のテキスタイルや繊細な天然素材から、瑞々しくしなやかな日常着を提案しています。

Inspiration
アイデアの源

四季とともに変化する光、山の色。風の匂い。生活の中で感じ取る小さな発見や気付き。感覚を広げることで、そのすべてがアイデアの源となりインスピレーションとなります。触れることでどこか懐かしい記憶が蘇り、みずみずしい天然素材を通して自然を感じ根源的な豊かさを感じて頂けるようデザインしています。

Locality
土地に根付く

その土地にしっかりと根を張ることがより長く続くデザインの秘訣だと信じています。土地性を見出すことは、オリジナルを見つけることでもあります。hatsutokiでは基本的に一点ものではなく量産を前提としたプロダクトデザインを心がけています。それは播州織産地の技術、機械、職人の手が全て、ある一定の規模でのものづくりに最適化されているからです。私達は現場の近くで発想することで、技術の本質を新鮮な目線で捉えなおし、ブランドのエッセンスを加えて産地に新たな価値を生み出したいと考えています。

Sustinability
長期的な視点

私達は常に長期的な視点をもち、全体で最適な方法を模索します。例えば、自然が作り出した天然素材は環境の影響を受け、多かれ少なかれ生産上の”ブレ”があります。それをあらかじめ認識し、ポジティブな要素として捉え直してデザインに組み込みます。その事で従来不良品のように扱われ、ロスしていた資源が価値に変わります。
また、手間の掛かる技術や工程で作り手に適切な工賃を支払う時に必要なことは、商品の値段を上げることではなく、商品の価値を上げること。すなわちより質の良いデザインを模索することだと考えます。それが私達の服を選んでくださる方との長い信頼関係に繋がると信じています。