kitchen ノースリーブポップオーバー

1940年代のアメリカで流行した「料理をしてそのままもてなせる」ポップオーバーと呼ばれるワンピースに着想を得て、今の生活に合わせた形に仕立てた。日本の割烹着のエッセンスも加え後ろから手を通して着る形に。普段着の上からさっと着て仕事に入る、サッシュベルトを締めると気持ちも引き締まります。

”kitchen”と名付けた新作のテキスタイル。手料理で友人をもてなすような、日常の代えがたい時間に思いを馳せデザインした清潔感のある生地。しっかりとした地の強さ、さらりとしたタッチの良さ、洗濯後の表情の美しさを特に重視。アイロン無しの洗いざらしで良い表情を突き詰めました。汚れ防止の特殊加工を施し、水溶性、油性の汚れどちらも通常の生地に比べ、つきにくく落ちやすい生地となっています。気兼ねなくデイリーに使える素材です。