[琥珀]
古いアナログ織機でゆっくりと織り上げたストールのシリーズ。

琥珀色のタテ糸に、複雑な色味のヨコ糸をミックスさせた美しいシャンブレーのストール。
樹液が長い年月を掛けて宝石となる、そんなイメージで繊維の宝石と呼ばれるカシミヤの糸を織り上げました。

今は珍しくなってしまった「シャトル織機」。ヴィンテージとも言える昔ながらの織り機で織り上げました。ガシャンガシャンと機械仕掛けで動き、人の手が掛かりますが、ゆっくりと織り上げる分柔らかい風合いになります。またヨコ糸をシャトルが往復運動で運ぶため、生地の耳が美しく仕上がりストールには最適な仕様となることも特徴の一つです。