商品名 01
商品名 02
商品名 03
商品名 04
商品名 05
商品名 06
商品名 07
商品名 08
商品名 09
商品名 010
商品名 011
商品名 012
商品名 013
商品名 014
商品名 015
商品名 01
商品名 02
商品名 03
商品名 04
商品名 05
商品名 06
商品名 07
商品名 08
商品名 09
商品名 010
商品名 011
商品名 012
商品名 013
商品名 014
商品名 015

alps カーブパンツ(フォックスグレー)

¥33,000  (税込)
No.OA-22PT-02
size
SOLD OUT

商品説明

緩やかなカーブのパターンと、生地の張りが生み出す構築的なシルエットのカーブパンツ。裾に向かってすっきりと収まるので、ゆるいトップスにも、フィットするトップスにもコーディネートしやすいシルエットです。シンプルで無駄のないディテールで有りながら、生地、パターンともに個性を残したデザインがコーディネートを楽しくしてくれます。

素材について

フォックスブラウンと呼ばれ、原料自体に茶色の色がついた茶綿と、ブルーグレーに染めた糸をタテ・ヨコに使ったシャンブレーです。自然そのものの素朴な色と、クールなグレーを組み合わせ、ナチュラルでいてモダンなニュアンスを生み出しました。生地の奥行き、立体感を出すために、太番手のコットンを限界まで高密度に織り上げる設計をしました。織られる糸が収まらず、逃げ場をなくして上に持ち上がり立体的な表情を生み出します。「ボトムの定番クオリティを作る」ことを目指して開発した素材。丈夫さ、テクスチャーの心地よさに、タテ・ヨコの糸の色の組み合わせで奥行きを僅かに加え、普遍的でいて、どこか新鮮な美しさを感じるテキスタイルです。

デザイナーより

指先で触れて伝わってくる感覚というのは、身体の中を伝わり、気持ちの奥の方までダイレクトに繋がっている気がします。子供の頃に触れた若葉の産毛の柔らかさや、結露した窓の冷たさ、感触や温度が記憶の中にはっきりと刻み込まれています。 alpsと名付けたこの生地、きりりとした山脈と透き通る空気の潔さ、山の尾根が連なっていく様子をロープウェイから見下ろした風景を、綾線の高い立体的なテキスタイルのイメージに重ねてデザインしました。今日この服を着て一日が始まると、何度も何度も指先は生地に触れることになります。確かに感じる少し締まった糸の凹凸、引っ掛かり、指先と布の無意識のやり取りから伝わるその触感、テキスタイルの心地よさの小さな積み重なりが、日々の生活の軽やかな心持ちに繋がるのではないかと思います。

クオリティ

綿100%
made in japan(播州織)

サイズ

サイズ 丈(フロント) ウエスト ヒップ 渡り幅 裾周
1 99 66 105 37 46
2 101 72 111 39 48


お取り扱い上の注意

この生地は緯糸に茶綿を使用しております。下記の点に注意して下さい。 ●洗濯時、原料の茶綿からアクが出る場合がありますので白物と一緒に洗わないで下さい。部分的に水を付けるとアクのシミが目立つ場合があります。アクは洗濯を繰り返すうちに抜けていきますが、自然のものとしてご理解下さい。 ●生産ロットによって色に違いが出る可能性があります。 ●30℃以下の水で洗ってください。 ●中性洗剤を使用し、漂白剤、蛍光増白剤入の洗剤はお避け下さい。 ●洗濯後多少の縮みが発生します。 ●長時間水に漬けておいたり、濡れたまま放置しないで下さい。 ●天然のブラウンのため、洗濯時の水質や直射日光、蛍光灯の長時間照射で色褪せや変色することがあります。洗濯時は影干しして、光が当たらない場所に保管して下さい。 ●タンブラー乾燥はお避け下さい。

身長別の履き比べ / 着用モデル身長 163cm

背丈の高い方は、くるぶしが少し見えるくらいの丈感でスッキリ履いていただけます。靴に当たらない為カーブのシルエットが綺麗に見えます。

着用サイズ : size1 (カラー : ecru gray)

身長別の履き比べ / 着用モデル身長 153cm

小柄な方は裾を折り返しても綺麗に着用できるように、裾の見返し(内側の折返し部分の布)を広く仕立てています。

着用サイズ : size1 (カラー : ecru gray)

身長別の履き比べ / 着用モデル身長 173cm(男性)

男性はsize2をお選びいただけば、細みの方(S~M程度)の方は着用出来ます。生地の地もしっかりしていて、股上も深く仕立てもメンズをベースにしているので、男性にもおすすめです。

着用サイズ : size2 (カラー : fox gray)

使用しているテキスタイル[alps]の特集はこちら。「ボトムの定番クオリティを作る」ことを目指して開発した素材。連なる山の尾根、綾線のイメージと重ね合わせ[alps]と名付けたテキスタイルです。デニムの様に100年経っても定番であり続ける様な生地を作りたい。そんな思いで作りました。

[alps]デニムのような定番素材を作る
PAGE TOP