Zoom 工房えらむ / 手彫の一点ものハンドル/no.54(トチ・漆塗り)
Zoom 工房えらむ / 手彫の一点ものハンドル/no.54(トチ・漆塗り)

工房えらむ / 手彫の一点ものハンドル/no.54(トチ・漆塗り)

¥13,200
off
size

返品不可

手仕事で一点一点彫られた木のハンドル。兵庫県小野市の森の中に佇むアトリエの「工房えらむ」の木工作家の田中陽三さんが無垢の木から彫り出した木製の取手です。定番の[bird][branch][seed][tali]の4種のほか、木目の特徴的な物やその時の手に任せて彫られた一点ものや、森で収集した自然木を用いたハンドルを作っていただきました。

田中さんは、切り出した無垢の木の塊から、ノミや彫刻刀など手の延長のようなシンプルな道具を使い、木を掘り出していきます。手で感触や持ち心地を確かめながら彫り進んでいくため、出来上がった物は自然と手に収まりのよい形や重さ、厚さになっています。
*こちらの商品は単体では購入できません。傘と同時に購入していただくことでハンドルをセミオーダーしていただけます。

●木という素材の特性状同じものは二つとなく、また作風上一つ一つの形、色、表情が少しづつ違います。同じシリーズでも写真と多少フォルムや色味が異なることがありますので、ご了承ください。その時だけの出会いに楽しみを感じていただければと思います。
●セミオーダーとして制作した傘はオーダーに合わせて制作するため返品不可とさせていただきます。
●あえて木の節や、木目を個性として残している場合がございます。デザインとしてご理解ください。

取手の全長 : 約14cm<br>

*一つ一つサイズが微妙に異なります

トチ

made in Japan

ブランド: hatsutokiについて

生地産地で生まれたブランド

hatsutokiは自然豊かな織物(播州織)の街、兵庫県西脇市で生まれました。繊細なコットン糸を多色に染め分けて、重ねるように織り上げた奥行きのある色味は西脇の織物の特徴です。

素材のインスピレーション

hatsutokiは特に繊細な天然素材が持つ、素朴で瑞々しい、素材のインスピレーションから、心地よく上質な日常着を提案しています。

配送料/ギフト/返品

¥10,000 以上送料無料

すべての商品が税込 ¥10,000以上で送料無料。できる限り資源を減らしたシンプルな梱包を心がけ、丁寧に配送させていだきます。配送は指定がなければ通常1~3営業日以内に出荷しております。

ギフトについて

ギフト包装も承っております。「ギフトラッピング」を同時にカートに入れてご注文ください。

詳細はこちら→ギフトラッピングについて

この商品は「返品不可」です

この商品は、ご注文後にハンドルをお付けして配送となるため、返品不可とさせていただいております。

生地や色、サイズ感等で迷われた方はお気軽にお問い合わせください。

Contact

customize

ハンドルのカスタムオーダー

お好みのハンドルにカスタマイズ出来る【ハンドルカスタムオーダー】を承ります。
木工職人の田中陽三さんにオリジナルで作って頂いた一点物の手彫りのハンドル、竹バングルやアクリルハンドルなど様々な種類をご用意しております。

傘のハンドル カスタムオーダーの流れ

hand-made wood handle

[工房えらむ]手彫のハンドル

兵庫県小野市のアトリエで「工房えらむ」の田中さんの手で一点一点、無垢の木から削り出されて制作。「森で気に入った木の枝を集めたような」ハンドル。

ハンドルの一覧

handle made by turnery

[新見和也]挽物のハンドル

木工旋盤の技術を用い、一点一点丁寧に、繊細且つダイナミックに削り出した挽物のハンドル。

ハンドルの一覧

お問い合わせ

ご購入、セミオーダーの際などご不安な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連商品はこちら

Featured post

新見和也さんに5つの質問

木工旋盤で幾何的な形をモチーフに燭台や花器を制作されている、作家の新見和也さんに5つの質問。 木という素材、旋盤の技術、新見さんの創作の源に迫ります。

Read more

Featured post

hatsutoki 夏のFEEL STORE/神戸 開催のお知らせ

2022.7.1(金)~7.3(日)「hatsutoki FEEL STORE at Kobe Cultivate Gallery」開催 期間限定のポップアップショップ [hatsutoki FEEL STORE] を神戸のCultivate Galleryにて開催致します。

Read more

Featured post

[本藍染] 透き通る様な藍色。果てしない時間と知恵の集大成

天然藍灰汁醗酵建藍染 天然藍灰汁醗酵建は、江戸時代を中心に行われていた方法。化学薬品を一切使わず、自然界からとれる原料のみを用いるため、布やそれを身につける私たちだけでなく、環境にとっても非常に優しい染色方法です。

Read more

Featured post

[泥染・テーチ染]大島紬の染技術を現代に受け継ぐ

奄美大島、大島紬の染技術を現代に受け継ぐ金井工芸の手仕事「テーチ木染めと泥染め」 泥染は、奄美大島に多く自生する”テーチ木”を使った伝統的な染色技法です。”テーチ木”は島の方言で「車輪梅」のこと。春になると梅に似た白い小花を咲かせます。

Read more

Featured post

[MUUGI] ディレクターに5つの質問

MUUGI(ムーギ)は、身体がよろこぶ素材使いと着心地の良さを追求し、ファッションを下支えするアンダーウェアとしての最上を目指し、2020年6月にディレクターの近藤さんが始めたブランドです。会社員だったころ背中ニキビに悩まされ、シルクの下着との出会いをきっかけに、肌に優しく、ファッションの一部として使える下着を追求した近藤さんに体験談を交え、5つの質問をしました。

Read more

SPECIAL CONTENT

定番w-face ストール特集

かつてシャツ生地の一大産地として栄えた西脇の技術や知恵を集め織り上げるとろける様な肌触りのストール。繊細な天然素材ならではの素朴で美しい織物は私達のコンセプト「初めて触れる感動」を体現しています。

Read more