商品名 01
商品名 02
商品名 03
商品名 04
商品名 05
商品名 06
商品名 07
商品名 08
商品名 09
商品名 010
商品名 011
商品名 012
商品名 013
商品名 014
商品名 015
商品名 016
商品名 017
商品名 018
商品名 019
商品名 020
商品名 021
商品名 022
商品名 01
商品名 02
商品名 03
商品名 04
商品名 05
商品名 06
商品名 07
商品名 08
商品名 09
商品名 010
商品名 011
商品名 012
商品名 013
商品名 014
商品名 015
商品名 016
商品名 017
商品名 018
商品名 019
商品名 020
商品名 021
商品名 022
  • NEW

summer wind 巾着ポーチ

¥2,970  (税込)
No.ST-00GD-02
color
Color
SOLD OUT

商品説明

日傘を作る際に出た残布を使い、使いやすい大きさの巾着を作りました。
捨てられてしまう生地を傘工場の縫製技術を応用して巾着にしました。内側の縫い代は、傘の端処理に使われる三巻きで綺麗に仕上がっています。傘に使われた撥水加工が施された生地なので、丈夫で安心。(完全防水ではありません)
タッセルには播州織の機屋で出たコットンの「タテ糸」を使用しています。*タテ糸にはのりが付いていますので、お湯で洗うとのりが落ちて風合いが変わりますのでご注意下さい。
スマホ、化粧品、アメニティ、マスク、消毒スプレー、サングラス、手帳、筆記用具、お菓子、文庫本…何を入れてもちょうどいい大きさにしました。何を入れて出かけようか、考えてわくわくするのも楽しい時間です。

素材について

傘を作る際、洋服用の生地を使用している為、どうしても端に半端な生地が出てしまいます。普段は捨てられてしまう布ですが何か活用できないかと考え、巾着を作りました。 巾着を作るにあたって一番の悩みは生産背景でした。普通、一重の巾着はロックミシンで仕上げられることが多く、耐久性や見た目の美しさに疑問がありました。そんな時、折畳み傘についている収納袋がとてもきれいな三つ巻で仕上がっていることに感動し、その技術を応用して巾着袋を作ってもらう事になりました。 思えば傘の端は全て綺麗な三つ巻になっていて、ロックミシンは使いません。むしろ三つ巻で仕上げる方が効率がよく、傘の残布を使った巾着にはもってこいの技術だったのです。
 端には傘についている丸い金属の留め具を付け、播州織の捨てられてしまう「タテ糸」のタッセルを一つ一つ付けました。
何種類もコレクションしたくなる可愛らしい巾着。数量限定です。

クオリティ

綿100%


made in JAPAN(播州織)

サイズ

サイズ 高さ(袋部分) 高さ(全長)
M 18.5 18 24

関連商品

PAGE TOP