• sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)
  • sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)

sally w-face フィールドパンツ(エクリュ)

35,200

(税込)

size

数量
無染色で、綿(ワタ)の色そのものを使った茶綿のシリーズ。実りの秋の収穫の喜びを、素朴な中に控えめに光る美しさを、日常着と晴れ着の間を思い描きデザインしました。フィールドパンツは、タイやインドに見られるような、巻パンツからヒントを得て製作。生地の分量から醸し出されるリラックス感のあるパンツです。ルームウェアとして着用しても、そのまま庭や畑に出られるようなデザインを目指しました。

素材

コットンの"ワタ”そのものにブラウンの色がついた品種の「茶綿」。ワタの色をそのまま使ったシリーズ[sally]。アメリカの生物学者サリーフォックス氏が品種改良を重ね育てた茶綿 「FOX B( ブラウン )」を使ったテキスタイルです。私たちがわざわざ手を加えて染めずとも美しい、自然の色そのものの美を思い出させてくれる素朴でいて大変美しい素材です。sally w-faceは生成りの綿と、茶綿の綿を裏表に使い、2面性のあるテキスタイルにしています。

デザイナーより

私たちが普段当たり前の様に身につける、コットンという植物。一年草で初夏~秋のひと夏で育ち、秋に収穫を迎え、実が弾けると、その綿(ワタ)を私たちに与えてくれます。あまりにも当たり前のことなのに、私たちは日々の忙しさに追われ、ついその事実を忘れてしまいます。 インド、中国、エジプト、アメリカ、世界のコットン産業では、様々な品種の綿が生み出され、高級品種はブランド化されています。しかし「誰が作った綿なのか」ということが明確なものは、めったにありません。この茶綿は紛れもなくサリーさんが、無農薬で手間暇かけて作った物。このことは、労働に、環境に、遺伝子組み換えにと、様々な問題を抱えるコットンの産業の未来に、微かに光る出口のよう、衣服の生産と向きあう私に確かな手応えのある希望を感じさせてくれました。

クオリティ

綿 100%
made in japan(播州織)

サイズスペック

                                            
サイズ 脇丈 股下 ウエスト(ヒモで調節可能) 渡り巾 裾巾(廻り)
1 93.6 61 ~69 35.3 28
2 97.6 64 ~72 58 28.5

お取り扱いについて

この製品に使用した生地は茶綿の持つ素材そのものの色を活かしており一切染めておりません。その特性やお取り扱いについて、ご注意下さい。

●洗濯によって原料の茶綿からアクが出る場合がございます。特に初めの数回のお洗濯では、白物と一緒に洗わないで下さい。また部分的に水を付ける様な洗い方をするとアクのシミが目立つ場合がございますのでご注意下さい。アクはお使いいただくうちに自然と抜けてきますが、自然のものとしてご理解下さい。
●生産ロットによって色に違いが出る可能性があります。
●漂白剤、蛍光増白剤入の洗剤はお避け下さい。
●長時間水に漬けておいたり、濡れたまま放置しないで下さい。
●天然のブラウンのため、洗濯時の水質や直射日光、蛍光灯の長時間照射で色褪せや変色することがあります。洗濯時は影干しして、光が当たらない場所に保管して下さい。
●タンブラー乾燥はお避け下さい。
●部分的に泥染を使用している製品は、アルカリ性や酸性のものに反応して変色する可能性があります。特に柑橘系の果汁に含まれるクエン酸に反応しやすいのでご注意下さい。

No.OA-22PT-03

[関連アイテム]

- 季節のおすすめ -

2021/2/22 小春「シャツワンピを春に着回し」

///////////////////////////////////////////

気温の変化が激しい季節の変わり目に、シャツワンピは合わせるアイテム次第で一年中着られる優秀なアイテム。秋に買ったシャツワンピを春仕様に着まわせる小物と一緒にご紹介します。 (左)hatsutokiのpoplinは最高級のスーピマ綿を使用していて、最高に気持ちのいい生地。シンプルなシルエットで季節を問わず長く使えるアイテムです。 (中左)シンプルなワンピースに合わせたいのは大ぶりな天然石のピアス。明るいピンク色で顔が華やかに。 (中右)今の時期に重宝するw-faceパネルストール。ふわふわと柔らかい優しいクオリティ。春らしい紫がかったグレーです。 (右)ma.to.waのドロワースは、透け防止の為ワンピースの中に着て頂くと安心です。とても柔らかいシルク100%で、ウエストゴムも肌に直接触れない仕様なので敏感肌さんにも優しい逸品。

全ての新着商品を見る