*Amazon Pay / LINE Pay決済をお使いいただけるようになりました*
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)
  • susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)

susuki ジャガードスカーフ(アプリコット)

24,200

(税込)
数量
風になびく、すすきの秋の景色を抽象化した図案を、ジャガード織りで表現した[susuki]のスカーフ。素材を程よい張りに設計することで、結び目が美しく仕上がるように設計しました。片面はシルクの光沢感が、もう片面はウールの素朴さが出ていて、素材感の違いによる二面性にもこだわりました。 ウールとシルクを使っていますが、あえてマフラーの様にふっくらはさせずに、一年中重宝する素材感にしています。特に今回使用したウールは冬は温かく夏は涼しい梳毛ウール。繊維自体が「呼吸する繊維」とも呼ばれるように外気の湿気に応じて湿気を吸収・放出する不思議な素材です。

素材

野蚕(やさん)シルクと梳毛(そもう)ウールを交織して作り出した大判のスカーフ。シルクのちりめんの様に、細かな凹凸がさらりと心地よく4シーズン使えます。 野蚕(やさん)シルクとは、家の中で育てられたシルク(家蚕(かさん))ではなく、山や自然のなかで育てられたシルク。今回使用したのは柞(さく)の木で育てられた蚕の糸。家蚕にくらべ張りが強く、力強い糸です。 梳毛(そもう)と呼ばれるウールは、ウールの繊維の中でも繊維長が長い毛を集めて作られた糸。高級なスーツ地などにも使われ、冬は温かく、夏は涼しいとも言われる万能な素材です。それぞれの糸の特徴を活かしながら、マフラーやストールに比べ、しっかりした素材感で上品なイメージをもたせた大判スカーフです。

デザイナーより

年々暖冬が増えてきて、「ちょうどよいストール」がなかなか見つかりません。ウールのマフラーよりは軽く、コットンストールよりは温かい、そんなスカーフが欲しいという思いから素材を選定しました。タッサーシルクの面は野蚕の持つ自然な光沢感を表現する綾織、対照的に梳毛ウール側は凹凸感のある組織で仕上げており、表裏で違う表情を見せてくれます。冬のカジュアルな日常使いにも、おめかしをして出かけるようなフォーマルシーンにも使えるデザインにしました。冬だけでなく一年中使っていただきたいこだわりの素材です。

お取り扱い上の注意

●虫やカビの影響を受けやすい為、保管の際は湿気を避けてください。●毛羽立ちや毛玉が生じる事がありますので、連日の着用は避け休ませながらご使用下さい。●洗濯は商品のタグに従い、ドライクリーニングもしくは中性洗剤による手洗で行ってください。漂白剤は、使用しないで下さい。●手洗いの際は必ず30℃以下の水でやさしく押し洗いしてください。また強く揉むと縮の原因になりますのでご注意ください。●タンブラー乾燥機は縮みの原因となりますので使用しないで下さい。●洗濯後は速やかに形を整えて陰干しして下さい。●アイロンをする際は、あて布を使用し、スチームで優しく行って下さい。毛並みのある素材は押さえつけずスチームのみで軽く整え、ブラシで毛並みを整えてください。

No.OA-00ST-01

[関連アイテム]

- 今週のおすすめ -

2020/11/25 小雪「おばあちゃんタンスの中に」

///////////////////////////////////////////

おばあちゃんの家にいったとき引き出しの中から古い洋服が出てきて、ちょっと古いタンスのにおい、しっかりと歳を重ねた手触り、その何とも不思議な魅力にドキドキしたのを覚えています。 "grandma"=と名付けたこの生地もまた、時を経て世代を超えても魅力的な洋服になって欲しいという願いをこめました。 ユニセックスのパンツとジャケットは、poplinのユニセックスシャツを仕込んでセットアップで着て頂きたいです。女性ならスカートとジャケットのセットアップでも。 デイドレスとい名付けたワンピースは、普段着にもお出かけにも着られるデザインが使いやすく、シルクのハイネックニットを仕込んで着ると温かく上品な印象になります。 わたしがおばあちゃんになっても、こんな素敵な洋服を身に付けられたらいいな。

全ての新着商品を見る