alps
デニムのような定番素材を作る

丈夫さ、テクスチャーの心地よさに、タテ・ヨコの糸の色の組み合わせで奥行きを僅かに加え、普遍的でいて、どこか新鮮な美しさを感じるテキスタイル。「ボトムの定番クオリティを作る」ことを目指して開発した素材。連なる山の尾根、綾線のイメージと重ね合わせ[alps]と名付けたテキスタイルです。デニムの様に100年経っても定番であり続ける様な生地を作りたい。そんな思いで作りました。

芯のある生地

生地の立体感を出すために、太番手のコットンを高密度に(それも規格外に)織り上げる設計をしました。糸を高密度に打ち込みしっかりとした地を作り出しました。大変難しい織物、西脇でも屈指の技術の高い職人さんにお願いしています。
表面の立体的な表情は織られる糸が収まらず、逃げ場をなくして上に持ち上がり立体的な表情を生み出します。

長く愛されるものを

使い込んでも生地の「芯」が失われないことを重視したクオリティを設計しました。なるべく長く履ける様に丈夫であることはもちろん、使い込んできても生地のコシがなくならない。なるべく長く良い状態で履いていただきたいと思い制作しました。
また、西脇の染めは海外の物と比べると堅牢度が高く色落ちし難いのも特徴です。濃色は直射や繰り返しの洗濯で多少変化してしまうため取扱に注意していただきたいものの、染色に対する意識や基準の高さは産地で培われた技術の一つだと思います。

alps シリーズ

丸みのあるシルエットが特徴的なカーブパンツ、すっきりしたシルエットのツータックテーパードパンツ。スカートのラインナップ。

styling

毎日履ける / カジュアルにもオフィシャルにも。

デニムは普段着としてカジュアルな印象の強いアイテムですが、alpsのシリーズは同じコットン素材でもハリがあることで、しっかりした印象で、より多様なシーンでスタイリングしやすいデザインです。ニットとワイドパンツのラフで印象的なスタイリング。ワインレッドとサックスの配色がおすすめ。

リモートワーク / 軽快なトップスと高密度のタックパンツ

テレワークにも最適なw-faceのロングティブラウス。ティーシャツの気楽さにブラウスの上品さを合わせ持った優秀なアイテム。alpsのカーブパンツのゆったりしたシルエット、芯のある素材感が家で仕事の気分にもピッタリです。

オフィスに / きれいめなブラウスと合わせればオフィシャルな場にも

深いカーキと、きれいめなブラウスのスタイリングでは、オフィシャル感のあるスタイリングに。ヒールのあるシューズと合わせても。